mansa懸賞系

アクセスカウンタ

zoom RSS メールデータ (長文・・・長すぎたかな^^;;)

<<   作成日時 : 2007/07/05 07:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

すごいこと思いついちゃった^^;
って大してすごくないし、ポイントサイト無関係ですけど^^;
ホットメールをOEで使っていることもあり、
ストアされているメールデータが結構なサイズなです。現在92.2MB
ちなみの私のPCはHDが40Gしかありません。

それを簡単に圧縮しそのまま使うことが出来るんです。
XPでのことなんですけどね。
2000及びビスタでも使えるはずです。

やり方は簡単、OEのオプション>メンテナンス>保存フォルダ
にメールデータがストアされています。

このフォルダをエクスプローラーで開いてフォルダーを右クリック>プロパティー
属性の右にある詳細設定>内容を圧縮・・・
にチェックを入れれば圧縮されます。

92.2MBが46.3MBまで圧縮できます。
最近のPCであればOEで使うのになんらストレスなく使えますので、
ディスク領域を節約することが出来ます。

通常使えるファイルのまま圧縮できるので便利です。
しかしそのつどコンピューターが展開して使うので、
普段使っているものに対しては使わないほうが無難でしょうかね。
しかし反応が多少遅くなってもいいような場合圧縮しておくのもひとつです。

ちなみにすでに圧縮状態である画像や動画ファイルはこの技を使うのは無意味です。

そのほかのプログラムファイルやテキストファイルは圧縮することでサイズが小さくなりますので、
普段使わないプログラムなどをフォルダごと圧縮してそのまま使うことが出来ます。

めったに使わないといえば
Windows>infフォルダは各デバイスのインストール設定ファイルが収められていますが、
自分のPCの場合73.9MBあり、このフォルダーを圧縮すると26.2MB
まで圧縮されます。
infフォルダは隠し属性なので、
フォルダーオプションで表示させるようにする必要があります。

ちなみに圧縮されたフォルダ及びファイル明は青く表示されます。

私が圧縮しているプログラムフォルダはアドビのアクロバットリーダー7なんですけど、
このフォルダーは126MBで圧縮すると101MBといった具合。

ちなみにディスクのプロパティ>クリーンアップで、
古いファイル圧縮にチェックを入れると
50日以上使っていないファイルが圧縮されます。
でも、結構無意味なファイルまで圧縮されてしまいます。


まぁ〜^^;これは序の口でして本題はここから。

私のPCは他の誰も触れることないのであまり意味を成さないのですが、
誰にも読まれたくないデーターって存在するでしょう。

もし複数のPCユーザーを一台で管理していた場合、
Administrators権限を持ったユーザーならば
他のユーザーのメールストアを自分のメーラー(OEなど)でインポートできて読めてしまうんですよ。
実際試してみました。私のPCはユーザーネームを使ったログインをしてますが、
コンピュータ/ドメインの管理用 (ビルトイン アカウント)Administrator(ユーザーネーム)が存在していて、それでログインして試してみました。

確認方法はデスクトップ上のマイコンピューターを右クリック>管理
コンピューターの管理からローカルユーザーとグループ>ユーザー
にあると思います。

ようこそ画面もしくはオートログインをしている場合はユーザーAdministratorは出てきません。

出す方法は
コントロールパネル>ユーザーアカウント>ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する>ようこそ画面を使用するのチェックボックスをはずします。

するとログイン画面でクラシックログオンプロンプトだ出てきて、
そこにAdministratorと入れて
パスはたぶんいままで変更していなかったら同じパスで通るはずです。

前置きが長くなりましたが、
メールがストアされているフォルダーの読まれたくないメールフォルダdbxファイル
を右クリック>プロパティー>属性の右側の詳細設定>内容を暗号化してデーターをセキュリティーで保護するにチェックを入れると、
現ユーザーでログオンしない限りOEで読み込んでも内容が表示されません。

このほかのフォルダやファイルにも有効です。

しかしOSがクラッシュした場合運良くメールデータを救出してもおそらく読み込むことは出来ないでしょう・・・たぶん。

このほかフォルダやファイルのプロパティのセキュリティーの項目で、
使用できるユーザーを選ぶことが出来たりします。

シングルユーザーにはあまり意味のないことばかりですけどね^^;;;。

どうしても自分読まれたくないファイルなどはZIP圧縮して、
日本語のパスを入れると
ほぼ読まれることはないでしょう。
日本語でパスを入れる場合は直接は書き込めないので、
コピーペーストを使います。


そうそう掃除といえばもうひとつ、
インターネットエクスプローラーの一時ファイルは
インターネットのプロパティ>インターネット一時ファイル>ファイルの削除
で、消去できるんですが、
消去しきれないファイルが結構あるんですね。

フォルダーとごと削除しようにも保護されていて削除できないのです。
先ほど説明したユーザーAdministratorでログインすると簡単に削除できるのです。
ストアされているフォルダーは
インターネットのプロパティ>インターネット一時ファイル>設定
に書かれています。
そのフォルダーの下フォルダContent.IE5の下のフォルダーを全て削除
index.datはのこしておいたほうが無難?
こうするときれいさっぱりします。

ちなみに98系OSですと、ログインした直後に(IEを未使用のとき)削除できるようになります。
ログインした後IEを使用すると、システムが使用中になるため削除できません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Outlookメールのdbxファイルを復元する方法とは?
Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)内のフォルダに保管してあったメール(dbxファイル)が壊れて読み込めなくなった時にはどうすれば復元させて開けるのか、という疑問について。初期化の際などにあらかじめバックアップしておいた『.dbx』拡張子ファイルをあとでHDD内に移し変えて読み込み直したところ、開けなくなっていたということがあります。また、うっかり必要なメールまで削除してしまった、というミスも稀にあるかと思われます。.dbx拡張子ファイルを読み込めるよ... ...続きを見る
データ復旧:PC、機材の故障時にお役立ち...
2008/08/18 13:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メールデータ (長文・・・長すぎたかな^^;;) mansa懸賞系/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる